サンダルと靴下

サンダルに靴下を履くというスタイルが流行っている

今までは、サンダルを履く時には靴下をはかないのが常識でした。
ところが、最近ではサンダルの下に靴下をはくことが流行っているようです。
この流行りは、特に若い女の子たちの間で広まっています。
確かに、裸足である場合は、他人の家に寄る用事があるときには、少し困ってしまうことがありました。
それは、裸足で人様の家に上がってしまうことになるからです。
それが失礼だと感じる場合は、わざわざソックスを持っていってそれをはきなおすようにしていた人もありました。
でも、若い人にとっては、おそらくそれが面倒なのかもしれません。
特に、春には黒いサンダルに白いソックスを組み合わせるなどの工夫をする人が多くなっています。
反対に、靴が白ければ、黒いソックスをはくといった具合です。
夏でも、薄いストッキングタイプの靴下をはいた上に靴などを履くようにしている人が多くいます。
夏は暑いですので、普通のソックスをはくと蒸れてしまう可能性もあるので、ストッキングタイプのものが選ばれているのでしょう。

靴下の上からサンダルを履くメリットとは?

サンダルを履くときには大体素足の上にそのまま履いているケースが多いように思いますけど、最近の若い人たちのファッションを見ると、靴下の上からサンダルを履いているケースも多々あります。
以前では考えられなかった組み合わせですが、どうしてそういう履き方をしているのでしょうか?その理由はそれぞれありますが、大きい理由としては買ったばかりのものを長時間履いていると、どうしても慣れない靴を履いたときと同じで靴擦れが起きてしまうのです。
経験された方も多いかもしれませんが、この靴擦れは痛いので、そうならないようにあえて靴下を履いています。
そうすることで、慣れないサンダルを履いても擦れて痛くなることが避けられますから。
若い人は結構やっているスタイルですから、珍しさなどはなくなってきました。
結構メリットもあるので、夏の間に同じような靴擦れの症状に悩んでいたら、今度からは靴下を履いた上で履いてみるのはどうでしょうか?

おすすめWEBサイト 5選

沖縄南城市のオーガニックカフェです
http://tabelog.com/okinawa/A4704/A470403/47012690/

最終更新日:2017/4/7