ベランダサンダル

ベランダにこだわりのサンダルを置く

ベランダに置く履物はどんなものがよいでしょう。
雨ざらしになる事を考えると、水に濡れても大丈夫なサンダルが適していますね。
とはいえ薄くて重みの無いものだと風に飛ばされる心配も出てきます。
ある程度の重みがあり水に強いものを選びましょう。
お勧めなのは、底がメッシュになっているタイプのものです。
これなら水はけも良いですし濡れてもすぐ乾きそうです。
濡らさない方法で考えるなら、履物の上にかぶせるカバーや吊り下げておけるフックなどがあります。
機能性で選ぶなら、履く方向を選ばないサンダルというのがあります。
これは、履物をいちいち揃えなくて済むように、両側から足が入れられるようにできているので出入りが楽にできます。
ひとことに「ベランダサンダル」といっても、用途によって選び方がそれぞれです。
インターネットで検索すると、デザインや機能性、素材の違うものなどたくさんの対象が出てきます。
こだわりのひとつを探し出してみてはいかがでしょう。

ベランダで使用するサンダルの扱いについて

サンダルは履き物の中でも扱い易く、足への負担も少ないことから年齢や性別を問わず需要が高く、日常生活の中で使用頻度が高いのが特徴です。
また、安価で購入できる製品も多いことから特にベランダのような室外の設備への出入りに多用される傾向があります。
ベランダでサンダルを使用する場合、扱い易さを重視するためにそのまま室外に放置することがありますが、風雨に晒されることになるので劣化しやすい点を注意する必要があります。
建物の構造によってはベランダに日光が直接射し込むことがあるので特に劣化が激しくなります。
そのため、取り扱いには細心の注意を払うことが大切です。
サンダルは通気性を保つ構造になっていることから素足で履くのが一般的なので、足を汚さないように常に清潔に保つように心がけます。
また、足の汚れの付着は悪臭や変色に繋がることから室外に置く際は靴下などのインナーを着用したうえで履くことが長く使い続けるための心得です。

recommend

2017/4/7 更新